顧客の要望と消費者の需要を理解するプロデュース

プロデュースの仕事にはかなりの労力と経験などを積む必要があります。

それではレストランをプロデュースするとは具体的にどのような仕事をするのでしょうか?

まずレストランのオーナーのコンセプトに沿うように、レストランの内装からメニューに至るまで決めていく仕事です。

フードコーディネ―ター自体は料理人ではありませんが、料理が出来なければメニューを作る事は出来ません。

そのため調理師専門学校などで調理技術を学んでいる人が多いのです。

また専門学校では調理技術だけでなく、栄養に関する知識や、デザインなどフードコーディネーターとして必要な知識を学ぶ事が出来ます。

フードコーディネーターの仕事は顧客の要望に応じる仕事です。

レストランのプロデュースの場合もオーナーの持っているイメージやコンセプトにあったお店作りをしていく必要があります。

しかし同時に顧客の要望に応じるだけではいけません。

もしこれが住宅であれば、そこに住む人である顧客の要望に応じていれば問題ありません。

ですがレストランはその内容やメニューをみていいな、そこに行きたいと思う消費者の需要と一致しなければ経営が成立しないからです。

もちろん予算の関係や売上、そして利益を出す事を考えるとコストをどうするか経営面も考える必要があるでしょう。