レストランのメニューはフードコーディネーターにおまかせ

例えば料理人になろうと思ったら、調理師専門学校に通い料理人になるという方法もあります。

しかし昔ながらの方法では実際に修行をする方法が多いのかもしれません。

特に和食や寿司職人などは中学を卒業して、お店に弟子入りして何年も修行をする事になります。

最初は食器洗いや店内の掃除からスタートするわけです。

そして料理を覚えながら、どんどんお店の味を任されるようになるのです。

つまり料理を作る事を身体で覚えていくわけですから、メニューを作る事は教えられる事ではありません。

そのため料理人の中には料理の腕は確かでも、メニューを作るのは苦手だという人も少なくありません。

なので、無理にメニューを作らせるよりも、料理を作る事だけに専念させて、メニューはフードコーディネーターに任せる。

そんなレストランも少なくありません。