フードコーディネーターの資格取得をするにあたり

まずフードコーディネーターの資格を取得しましょう。

3級であれば合格率90%と高く、書店でテキストを購入し独学で勉強してもなんとかなります。

しかし実際に仕事で働くレベルになると最低でも2級の資格を取得しておきたいところです。

2級から資格は急に何度が高くなり、合格率も低い狭き門になってしまいます。

そのため独学では難しいので全国で開かれている講習会に参加したり、専門学校で取得するという方法もあります。

資格取得後の進路について

フードコーディネーターの仕事と一言でいっても、その活躍は多岐に渡ります。

全国チェーン展開している飲食店の新メニューの開発だったり、食器のスタイリング、また食品メーカーで企画の仕事などもあります。

他にも料理教室のアシスタントなど、食に関わる仕事で生かせる資格です。

最終的に独立を夢見ていても、最初は企業に所属したり、誰かのアシスタントにつくなど、勉強と経験を積んでから独立するようにしましょう。