メディアで活躍するフードコーディネーターの仕事とは!?

フードコーディネータはメディアの世界でも活躍しています。

例えば料理番組で、レシピに合わせたテーブルコーディネートを考えたり、料理が美味しそうに見えるようにセッティングしていきます。

料理番組だけではく、例えば女性誌などでレシピを掲載する時や、またドラマで食卓のシーンなどでも活躍しています。

またメディア以外の場所でもフードコーディネーターは活躍しているのです。

例えばレストランでメニュー商品開発やをしたり、コンビニの商品開発で、どんな広告やパッケージにすれば売れるのか考えます。

つまりマーケティング能力も必要となりますし、またレストランやコンビニはそれで売上が左右するので経済的な影響もあるわけです。

そのためコンサルタント的な役割もあると言えるのかもしれません。

素材や調理法に関する知識はもちろん、カラーコーディネイトやインテリななどのデザインの知識も必要です。

そしてマーケティングなどの販売力と、そして売上などの経済力、それらの知識も必要なので活躍の場は広いといえるでしょう。

主婦の経験も活かせるフードコーディネーター

専業主婦を何年もしてしまうと、なかなか働こうと思っても働き口がありません。

専業主婦の期間を社会人経験なしをみなされてしまうからです。

しかし毎日家族の健康を考えて栄養のバランスの取れた食事、美味しい食事を作っているわけです。

その経験を活かせる仕事はあります。

フードコーディネーターなら主婦の経験を活かせる仕事です。

もちろん、そのまますぐに実践で働く事が出来るわけではありません。

資格の勉強をして、そしてアシスタントとして経験を積むところからのスタートになります。

実際毎日食事の支度をしていても、フードコーディネーターの勉強をしていると知らなかった事がたくさんあるはずです。

しかし料理が好きだという人なら、勉強も新しい知識を得る事が出来て、楽しいと思えるのではないでしょうか?

ある主婦のコーディネーターまでの道のり

ある女性は10年以上専業主婦をしていて、子供が大きくなったのを機に、フードコーディネーターとして働きたいと考えるようになりました。

最初は資格を取得したら、自宅で料理教室を開きたいと考えていたのです。

しかしフードコーディネーターの勉強をすればするほど、その知識の多岐に渡る事に興味を持つようになりました。

そして今ではレストランやカフェのプロデュースやコンビニの商品開発などの仕事をしてみたいと夢も大きくなりました。